春の七草粥で美しく

あけましておめでとうございます、体験型化粧品FinaLiftです。

2017年も明けてから7日がたちましたね。
1月7日といえば、みなさん七草がゆは食べましたか?
七草がゆで美容・健康|シワ・たるみでお肌の年齢が気になるあなたを救う体感型オールインワン化粧品ファイナリフト"
昨今当たり前のように食べられている七草がゆですが、どうして1月7日に七草がゆを食べるようになったのかご存知でしょうか。
お正月のごちそうで疲れた胃腸を休めるために食べると言われることが多いと思いますが、本当の理由は1月7日の人日の節句にその1年の無病息災と五穀豊穣を祈るために食べるものとされていたようです。

さて、この七草がゆですが、胃腸にやさしいだけではなく、美容にも良い食材だということはご存知でしょうか。
春の七草の効用には、こんなものがあります。

・セリ
 ビタミンA、B群、鉄分やカリウムが豊富。目の充血やめまいを予防してくれます。
・ナズナ
 消化機能を整え利尿作用があるので体のむくみがとれます。
・ゴギョウ
 胃腸などの内臓を健康にし、咳を沈める働きがあります。
・ハコベラ
 ミネラルが多く胃炎や胃弱に効果的です。
・ホトケノザ
 筋肉の痛みをやわらげ、高血圧にも効果があります。
・スズナ
 冷えによる腹痛を防ぎ風邪予防にも効果的です。
・スズシロ
 ジアスターゼ(アミラーゼ)が胃腸の働きを助けます。


七草には胃腸を整えるだけではなくビタミンを補い、体のむくみの解消をしてくれるなどの美容効果があります。
また、食べ物から得られる栄養分のほとんどは小腸で吸収されるため、腸を整えておかないと十分な代謝が行われません。
七草を消化しやすいお粥でいただくということは、ビタミンやミネラルなどの栄養素を吸収するためにとても重要なのです。
また、お粥はダイエットにも効果がありますので、お正月に少し食べ過ぎたなぁという方も、7日は少し軽めの七草がゆを食べてみてはいかがでしょうか。
最近はフリーズドライのものも売っているので、まだ食べたことがない方も気軽に始めやすいと思いますよ♪