いちごはビタミンCの宝庫


こんにちは、体験型化粧品FinaLiftです。


もう今週末はクリスマスがやってきますね。
みなさんは、プレゼントの用意は済ませましたでしょうか。

クリスマスに定番のものといえば、豪華なごちそうの最後をかざるクリスマスケーキですね。
そのクリスマスケーキでもっとも使用されているフルーツは・・・そう、いちごです。

いちごで美容・健康|シワ・たるみでお肌の年齢が気になるあなたを救う体感型オールインワン化粧品ファイナリフト

本来いちごの旬は3~5月なのですが、やはりクリスマスのせいか、一番売れるのは12月だそうです。

ただ、今の時期に販売されているいちごは旬ではないため、少し酸味が強いといわれていますが、そのほとんどがクリスマスケーキに使うものなので甘いクリームにはぴったりなのかもしれませんね。

さてこのいちごですが、実は美容にもいい果物ということはご存じでしょうか。

いちごの意外な栄養素とは

いちごには、このような栄養が含まれています。
・ビタミンC
実はいちごは食品の中でビタミンCの含有量がトップクラスに入るほどです。大きさにもよりますが、1日5~6粒程度のいちごを食べれば、1日に必要なビタミンC摂取量はクリアするほど。ですから、ビタミンCのサプリをとるよりも、いちごを食べたほうが良いとされています。

・ポリフェノール
いちごには、目の疲れ、視力回復、毛細血管の活性化、保護・強化に有効な抗酸化ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれています。また、エラグ酸というビタミンCと同じくメラニンの生成を抑制し、しみ、そばかすを改善する美白効果の高い抗酸化ポリフェノールも含まれています。

・カリウム
いちごにはカリウムもたくさん含まれています。このカリウムは利尿作用が高く、余分な水分を体外へ排出し、体循環を行うことで代謝を促す効果や、摂取しすぎたナトリウムを尿として対外へ排出することができます。

・カルシウム・マグネシウム

カルシウムは骨の強化を行う上で必要不可欠なミネラルです。特に女性はPMS(月経前症候群)や妊娠によりカルシウムを消耗してしまったり、更年期を迎えると骨粗鬆症を招くこともあります。そういう意味でもやはり女性はとくにカルシウムの吸収は意識すべきところです。

・キシリトール
ガムや歯磨き粉でおなじみのキシリトール。キシリトールは虫歯を予防する効果があるのでいちごを食べることにより口の中を健康に保つことができる上、口臭予防にもなります。

・葉酸
葉酸とは別名ビタミンM、ビタミンB9ともいいまして、赤血球を作る上で重要な栄養素となります。摂取することで貧血予防に効果があり、特に妊娠中の方には有効です!

・食物繊維
いちごに含まれている食物繊維はペクチンとよばれるものでこれは腸内環境を整えたり便秘、下痢の改善にも有効です。また、血中の悪玉コレステロール値を下げ健康促進効果も期待できます。


いかがでしたか?あのちいさないちごでもこんなにたくさんの栄養がつまっています。
ちなみに、いちごは食べる直前にヘタを取らずに洗い、生で食べるのが一番栄養が失われずに摂取できる食べ方だそうです!

どうせ美味しいものを食べるなら、きれいになれる方がお得ですよね。
みなさんも聖なる夜は、甘酸っぱいいちごを食べてきれいに磨きをかけてみてくださいね。