「過去-現在-未来」の自分を写す方法

おはようございます、体感型化粧品FinaLiftです。
今日は全国的に雨・雪模様ですね。風邪を引かないようにお気をつけください。

さて先日は「自分を知るために鏡に写った自分と対話しましょう」
という内容をお伝えしましたが、
本日も鏡に関することを書かせていただきます。

30年後の自分の顔が分かる、未来カメラのアプリをご存知ですか?
歳を取った自分が写しだされるなんてぞっとしますよね(ll゚д゚ll)

そういった怖いアプリを使わなくても、
「過去」「現在」「未来」の自分を写し出す方法
があるんです!
歳を取った自分を写す|シワ・たるみでお肌の年齢が気になるあなたを救う体感型オールインワン化粧品ファイナリフト
★必要なものはお顔が写る手鏡ひとつ★

まず手鏡をお顔の正面に持って鏡の自分を見てみましょう。
=これが現在の自分

次に、上を向いて鏡を見てみましょう。
=これが過去の自分(今より若い頃)

最後に、下を向いて鏡をのぞいてみましょう。
=これが未来の自分(5~10年後)


どうですか??

たるみ、ほうれい線、しわ、顔色、表情・・・
見たくないものが見えちゃいますね。

何もケアをしなければ確実に訪れる、肌老化。
実際はもっとヒドいことになっている可能性もあります。

今からエイジングケアをしっかりして、
未来の美しいお肌を育ててあげてください(´∀`)b